• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop nameCafe Honoka

shop nameヘアーステーション   AZALEA 【アザレア】

shop name創 菜 欧風料理 ルポタジェ

shop name理容DANK 西の平店

shop nameカーショップ・オン

カテゴリ
ホーム >> 特集ページ一覧 >> 本場フランスの二つ星レストランで培った技術と感性。オーナーの情熱と愛情で至高の空間をプロデュースする。

オーナーシェフが奏でるのは時間を超越したコースと空間の協奏曲。それは大人達が抱くどこか懐かしい雰囲気も併せ持つ。これぞ「ルポタジェ」が長きに渡って愛される所以。

地元の食通から愛され続けて13年目。オーナーの「これまで」に迫る。

地元の食通から愛され続けて13年目。オーナーの「これまで」に迫る。

2002年6月26日、「ルポタジェ」はここ青葉区栗生に誕生しました。仙台国際ホテルや勝山館等で修行をつまれ、その後は渡仏。2年間の本場フランスでの経験を糧に、帰国後は高原ホテルの料理長を担いながら独立開業を目指していたオーナーの片平さん。いよいよオープンという時の思いや、現在の心境、そしてこれからの「ルポタジェ」にスポットを当てたいと思います。

若くしてフレンチの道へ。そんな中、ほとんど勢いや情熱だけで渡仏を決意。

若くしてフレンチの道へ。そんな中、ほとんど勢いや情熱だけで渡仏を決意。

10代で洋食の、フレンチの門を叩いた片平さんは、当初ホテルの厨房等で下積み生活を過ごし、料理・片付けの基礎基本を学びます。そんな中、当時、フランスでの修行経験のあるシェフの影響で、本場で学び習得することに憧れを抱くことに。しかし、自信がなかなか芽生えなかった片平さんを励ましてくれた先輩たちの後押しでとうとう渡仏を決意。そこからは渡航資金を蓄えたり、仕事の合間に仏語の勉強をしながら機会を待つことにしました。そして、1年後いよいよフランスへ旅立つことになるのです。

そこで出逢ったミシュラン二つ星レストランでの修行が現在の下地となる。

そこで出逢ったミシュラン二つ星レストランでの修行が現在の下地となる。

フランスに渡った片平さんでしたが、何と仕事も決まらずに渡仏したとのこと。ダメなら観光でいいやくらいの柔軟さが良かったのでしょうか。知り合いのツテや縁から、これまた何と、二つ星レストランのパトロンと面接できることに。言葉も分からないまま、無給の打診に若さから断るといった失態を演じつつも、その後再びパトロンから連絡が入り、結果晴れてミシュラン二つ星レストランで働くことになるのです。そこで、文化の違い、システム、本場フランスの伝統の味を学び、忙しくも充実した日々を送ります。

帰国、そして大志を抱き独立開業へ。

帰国、そして大志を抱き独立開業へ。

機会があり、帰国の途に就く片平さんの次の職場は、蔵王の高原ホテルの料理長でした。お客様の層が自身思い描く料理にマッチングすると判断したのがきっかけでした。その間、奥様と出会い、その奥様の実家で栽培していた新鮮な野菜と出会うことで、理想が具体化していきます。「新鮮で美味しい野菜をテーマにしたフランス料理を提供するお店を開きたい」 「フランスの王道である伝統的なクラシカル料理を堪能してほしい」といったコンセプトの元、2002年6月26日、ついに「ルポタジェ」がオープンします。

「ルポタジェ」=「野菜園」ならではのこだわり。仙台の旬の野菜を一番美味しいカタチでご提供する。

「ルポタジェ」=「野菜園」ならではのこだわり。
仙台の旬の野菜を一番美味しいカタチでご提供する。

シンプルで明るい空間、落ち着く色合いと調度品、太陽の動き・つまりは時間を感じさせない北向きの設計と窓からの景観。その1つ1つが、オーナーである片平さんの情熱がたっぷり詰まったルポタジェの趣きです。そこで頂くお料理は、そのどれもが旬の野菜の美味しさを余すことなく引き出した上に、オーナー自らが愛情込めて調理した至高の逸品ばかり。とにかく野菜好きにはたまらない至福の一時です。

時間を忘れられる配慮、そして価格以上のボリューム感。全てはオーナーシェフからお客様への思いやりが為せる技。

時間を忘れられる配慮、そして価格以上のボリューム感。
全てはオーナーシェフからお客様への思いやりが為せる技。

最後に、これからぜひお訪れてみたいという皆さんに、オーナーシェフ片平さんからのメッセージをご紹介♪

「ルポタジェでは、時間を忘れてお料理を楽しんで頂ける空間作り、システムでコースをご提供しております。
決して先進的・前衛的な派手なフランス料理ではなく、野菜の美味しさにトコトンこだわった、
フレンチの伝統的王道の料理をご堪能頂けます。
また、通常よりもボリュームがあるため、カロリーを気にせず召し上がって下さるお客様は特に大歓迎です(笑)
どこか懐かさや温かさ感じる大人のコースを、ぜひ一度お召し上がり下さい。」

ランチタイムにはテイクアウトも始められたとのこと。
ますます「ルポタジェ」から目が離せません!
お店のご予約と併せてお問い合わせ下さいね♪

ご予約・お問い合わせ
創 菜 欧風料理 ルポタジェ
022-392-0588
〒989-3122
仙台市青葉区栗生1丁目23-13